私たちのカルテ 借地02

不要になった借地を売却したい

借地権を売却したいと思っても、問題が複雑にからみあい、スムーズにいかないことが多々あります。

不動産クリニックの処方

借地権の売却は一筋縄ではいかないことも多いものです

あるお客様から、お父様が亡くなったので、遺産の整理をしたい、と建物の建っている借地権の売却を相談されました。蓋を開けてみると、入居者さん管理から立ち退き折衝、末梢登記、地主交渉など・・・クリアしなければならない問題がたくさんありました。

売却完了まで長期に渡る場合も。計画を立て、一つひとつクリアしましょう

先のお客様からご相談をいただいた後、不動産クリニックでは、借地権売却までのプランを策定しました。プラン完了は3年後の予定。当時は、「こんなにも時間がかかるものなの?」と驚かれましたが、 一つひとつ課題を解決し、無事に売却することができました。
借地権にかかわる問題は、このように解決までに長期に渡ることも少なくありません。しっかりと計画を立て、一つひとつクリアにしていきましょう。

各専門セクションの不動産ドクターと司法書士をはじめとする専門家の力を集結

借地権の問題を解決するには、関連するさまざまな分野の知識が必要になります。不動産クリニックでは、各専門セクションの不動産ドクターや、弁護士、司法書士などをはじめとする専門家たちと相談しながら、問題解決に当たります。

鈴木 豪一郎
主席不動産ドクター
Suzuki Goichiro 鈴木 豪一郎

専門分野:売買コンサルティング・物件調査・相続・売買仲介資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー・賃貸不動産経営管理士・住宅建築プロデューサー

お客様からのメッセージ

計画の「完了」予定は、3年後。一つひとつの解題解決はなかなか大変だったと思うのですが、予定通り全てがスムーズに進み、無事に完了をすることができました。不動産ドクターは、どんな時でも依頼者に不安を抱かせることなく朗らか。そして、どんなことでもしっかりと相手が納得するまで、きちんと説得を続ける姿に、 私も学させていただきました。また、これからもお世話になりたいと思っております。どうもありがとうございました。

(東京都大田区・マヤコ様)

お電話でのお問い合わせ03-6410-3630 営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら