私たちのカルテ 売れない02

遠方・田舎の不動産が売れない

相続などで地縁の薄い遠方の不動産を保有していて、何年も売れずに困っている、というご相談がよくあります。

不動産クリニックの処方

「10年経っても売れない」と言われた田舎の不動産をどうするか

あるお客様が相続された田舎にある物件。地元の不動産会社には「10年経っても売れない」と言われて、ご相談にいらっしゃいました。お客様は東京都内に在住されていて、そもそも田舎に何度も足を運ぶことができないため、地元の不動産会社に任せるしかないとお考えのようでした。ところが、その不動産会社からも先の一言。どうしたらよいか途方にくれてご相談にいらっしゃいました。

まずは徹底的な調査を。独自の知識とテクニックで売却を目指します

ご所有の不動産が遠方ですと、お客様も私たちも頻繁に現地に行くことが難しい場合もあります。そのような時は一度の出張で可能な限りの情報を集められるように入念に準備をしたうえで、1日をフルに活用できるスケジュールを組んで調査にあたります。
不動産クニリックの調査項目は80項目以上の緻密さ。その情報を元に、経験とアイデアを駆使した販売戦略・戦術を練り上げ、スピーディーに実行します。特に地方の不動産売却は独特の知識とテクニックが必要です。遠方の不動産の売却に困った場合も、不動産ドクターにご相談ください。

鈴木 豪一郎
主席不動産ドクター
Suzuki Goichiro 鈴木 豪一郎

専門分野:売買コンサルティング・物件調査・相続・売買仲介資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー・賃貸不動産経営管理士・住宅建築プロデューサー

お客様からのメッセージ

2回現地に飛んだだけであっという間に、たった一ヶ月で売却確定!最終契約の時は、一緒にきていただき、全く無知な私の代わりに大変丁寧でかつ隙のない説明をしていただき、先方さんもあっけにとられるような不動産ドクター独り舞台でした!ほんと、安心してお任せすることができました!今後も、不動産でお困りの方々の病気をずばずばと治してあげてくださいね(^。^)

(たぬ様)

お電話でのお問い合わせ03-6410-3630 営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら