私たちのカルテ 誰に頼めば02

老朽化した住まい、建て替えか、買い替えか

お住まいが古くなってきたときに、建て替えか買い替えかを相談できるところがなく、困っているお客様がいます。

不動産クリニックの処方

建築会社と不動産屋とで、言うことが違ってわからない・・・という状況

老朽化した住まいを建て替えるか、買い替えるかで迷ったときによくあるのが、「建築業者に聞けば『建て替えた方がいい』と言うし、不動産屋に聞けば『買い替えた方がいい』と言うし、本当にどちらがいいのかがわからない」というご相談です。
建築業者も不動産会社も自社に利益が出ることしか言いません。私たち不動産ドクターは、本当に中立の立場でお客様にとってどのような形がベストかをアドバイスいたします。

金銭面、物質面、心理面・・・さまざまな視点で分析してご提案します

70歳を超える両親のいるご実家を建て替えるか、売却して買い替えるか迷われてご相談にいらしたお客様がいらっしゃいました。立地評価による経済性に加え、ご両親の生活スタイルも考慮し、私たちが提案したのは「建て替え」でした。ご相談者様は当初、ご両親の年齢もあり家の建て替えにともなう精神的・体力的な負担を不安に感じていらっしゃいました。けれども、施工業者の選定から設計・建築契約まで一つひとつ不動産ドクターとともに問題を解決していく過程で、「一つやってみるか」という気持ちになり、建て替えた後のご両親の笑顔を見て大変ご満足をいただくことができました。
私たち不動産クリニックが目指すのは、そのようなお客様の「心からの笑顔」です

鈴木 豪一郎
主席不動産ドクター
Suzuki Goichiro 鈴木 豪一郎

専門分野:売買コンサルティング・物件調査・相続・売買仲介資格:宅地建物取引士・住宅ローンアドバイザー・賃貸不動産経営管理士・住宅建築プロデューサー

お客様からのメッセージ

このたびは実家の建て替えで大変お世話になりました。お陰様で新しくなった家で三世代が集まる賑やかな正月を迎えています。私達は信頼できる不動産のホームドクターと知り合えたことに感謝すると共に、本当にラッキーだったと思っています。あの時、実家を売却していたら、あんな嬉しそうな両親の顔は見れなかったと思います。建て替えして本当に良かったです。
不動産クリニックの皆さん、本当に有難うございました。

(東京都品川区 H.O様)

お電話でのお問い合わせ03-6410-3630 営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら