鈴木豪一郎のブログ|不動産クリニックの常盤不動産

  • 普通
  • 大きめ
交通アクセス 会社案内 03-6410-3630

営業時間 9:00~18:00/定休日 毎週火曜日,水曜日

ご相談・ご予約はこちら

ホーム > 賃貸管理ブログ > 不動産ドクター通信 vol.56 ~テレワークの必要性と介護問題~

賃貸管理ブログ

«  | 賃貸管理ブログ | 

不動産ドクター通信 vol.56 ~テレワークの必要性と介護問題~

今月から社員が一人入社し、総勢12人体制になりました。

5年前は余裕があったフロアも手狭感が出てきました。

並行して、テレワークも推進しており、

常時数人の社員が(主に事務スタッフ)テレワークをしています。

 

いままでは、社員一人につき1デスク、1電話、1携帯電話、1パソコンが

必ず必要という固定概念がありましたが、

最近はそうではなく10個のデスクを12人で使っている状態です。

私がテレワークの必要性を感じたのは、

じつは5年ほど前(コロナよりもずいぶん前)でした。

 

とても頼りになる40才前後の社員たちが、子育てに一息ついた後に来るもの・・・

それは介護の問題です。40才前後の社員の親御さんはほぼ70-80代の年代。
親御さんの介護や日常ケアが必要になるにつれ、

『週に数回は介護やケアに実家に行かなくては・・・』となると、

出勤もおぼつかなくなり、結果、やむなく離職・・・

 

社員達もできれば永く働きたい、会社も永く働いてもらいたいのに離職せざるを得なくなります。

数年前までは待機児童問題があり、『保育園に入れないから離職せざるを得ない』となっていましたが、

これからは『介護施設に入れないから離職・・・』となるのは目に見えています。

 

そこで、テレワークが実現することによって、場所を問わずに、

介護の合間を縫って仕事を続けることが可能になります。

5年前からテレワークの実現に向けて検討していたのですが、

なかなか実現しませんでいた。

しかし、このコロナの影響で、『テレワークせざるを得ない』気運になり、

一気に実現したのです。

 

テレワークには様々なハードルがありますが、引き続き推進していきたいと思っています。

少し、秋らしくなってまいりましたが、皆様ご自愛のうえお過ごしください。

 

何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談下さい。

賃貸経営にお困りの大家さん、今すぐお電話を! 03-6410-3666

 

☆「空室」でお困りの方はこちら

☆「賃貸管理」にお悩みの方はこちら

 

□□□□□□ http://www.tokiwa-r.co.jp/□□□□□□

【不動産クリニック】

株式会社常盤不動産

東京都大田区池上3-39-12 常盤ビル4

TEL 03-6410-3666

FAX 03-6410-3631 

 【不動産クリニック】【不動産ドクター】は株式会社常盤不動産の登録商標です

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□