鈴木豪一郎のブログ|不動産クリニックの常盤不動産

  • 普通
  • 大きめ
交通アクセス 会社案内 03-6410-3630

営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら

ホーム > 賃貸管理ブログ > 賃貸管理事件簿Vol.24【安心して入居者を迎え入れるために】

賃貸管理ブログ

«  | 賃貸管理ブログ |  »

賃貸管理事件簿Vol.24【安心して入居者を迎え入れるために】

最近の不動産にまつわる大きなニュースは

西五反田にある旅館を「自分のものだ」と偽装して

大手住宅メーカーである積水ハウス社から

63億円を騙し取った地面師の事件。

 

この事件では本人確認の甘さが原因で、

今回の地面師は他の不動産会社に行った際、

不信感を抱かれて失敗したケースもあったそうです。

 

当社では不良入居者による賃貸トラブルを未然に防ぐため、様々な対策を行っています。

 

例えば、内見のご案内についてですが、

【大家さんから直接依頼を任されている業者(元付業者:もとづけぎょうしゃ)】とは

別の【お客様のお部屋探しで物件紹介のみを行う業者(客付業者:きゃくづけぎょうしゃ)】からお

客様をご紹介していただく場合、

内見の方法は大きく分けて3つの種類があります。

 

  • 立会・・・元付業者が直接立ち会って物件の紹介を行います。
  • 現地対応・・・現地に鍵を入れたキーボックスを設置して、客付業者に案内してもらいます。
  • 鍵取り・・・物件の近隣業者へ鍵を預け、客付業者に鍵を渡してもらって案内してもらいます。

 

当社では内見のご案内を行う場合は①のみで対応しています。

②と③では元付業者が直接ご案内することはありません。

物件のチャームポイントを大家さんの次に理解しているのは元付業者なので、

直接お客様へ物件の魅力をお伝えしたいという考えはもちろん、

内見時の態度や何気ない会話からお客様がしっかりした方なのか、

だらしない方なのかなどの人柄や属性を判断します。

 

また、申込に至る際は「申込書を記入して、身分証と一緒にFAXを送ってくれればいい」

という元付業者がほとんどですが、

当社では必ず来社していただき、直接申込用紙にご記入いただきます。

それは「とりあえず押さえておく」という

軽い申込意思を排除することでキャンセルリスクを抑え、

物件の条件や注意事項を伝えながら

お客様と受け答えを通じてお客様の属性を判断していきます。

 

申込受領時は顔写真付き身分証が1点あれば大丈夫というケースが多いですが、

当社では「運転免許証」と「健康保険証」を確認しています。

免許証を確認する理由は本人確認に加えて【免許番号の末尾】を確認するためです。

この末尾は再発行の回数を記していて、

下1桁が0であれば0回、3であれば3回ですので、

一度ご自身の免許証を確認してみてください。

再発行の回数があまりに多い場合は審査上の検討要素にしています。

 

また、健康保険証は会社員で社会保険に加入していれば、

会社から発行されている保険証を持っているため、

「資格取得年月日」を確認することで、

いつからその会社で勤務しているかが判断できます。

 

例えば何年も勤めている会社員なのに社会保険がない、

勤務時間が10年以上なのに資格取得年月日が数か月前などの場合はしっかりヒアリングを行い、

経緯を確認することで偽装を避けることができます。

 

後で後悔しても過去に戻ることはできません。

入口をしっかり固めるために本人確認は手を抜かず、

大家さんが安心して入居者を迎え入れられるよう脇を締めて取り組みます。

 

何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談下さい。

賃貸経営にお困りの大家さん、今すぐお電話を! 03-6410-3666

 

☆「空室」でお困りの方はこちら

☆「賃貸管理」にお悩みの方はこちら

 

□□□□□□ https://www.tokiwa-r.co.jp/□□□□□□

【不動産クリニック】

株式会社常盤不動産

東京都大田区池上3-39-12 常盤ビル4

TEL 03-6410-3666

FAX 03-6410-3631 

リーシング事業部 部長

三好 貴大

 【不動産クリニック】【不動産ドクター】は株式会社常盤不動産の登録商標です

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□