鈴木豪一郎のブログ|不動産クリニックの常盤不動産

  • 普通
  • 大きめ
交通アクセス 会社案内 03-6410-3630

営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら

ホーム > 賃貸管理ブログ > 賃貸管理事件簿Vol.26【キャッシュフローの流れ】

賃貸管理ブログ

«  | 賃貸管理ブログ | 

賃貸管理事件簿Vol.26【キャッシュフローの流れ】

年が明けてからあっという間に日にちが過ぎ去り、

気付けば賃貸業界の繁忙期がすぐ目の前まで迫っております。

社員一同、日々成長を重ねて皆様のお力になれるよう精進してまいります。

今年も大変お世話になりますが、何卒よろしくお願い致します。

 

皆様も昨年末で一つの区切りを迎え、

ご自身あるいはお付き合いのある税理士先生は確定申告で忙しくなる時期に入っていきます。

これからは新しい1年を送るにあたり、

戦略的な賃貸経営を行う上で知っておく必要がある「キャッシュフロー」についてお伝えします。

 

まずは下記の図をご覧ください。

 

 

 CF図(基本)

 

 

まず「満室だった場合の想定総収入」があり、

「入退去に伴う空室期間=空室損」と賃貸経営に伴う様々運営費が発生するため、

前記2点を差し引いた利益が「営業純利益(NOIとも呼びます)」となります。

 

その後、ローン返済を行い、税金を支払い、

最終的な手残りとなるのが「純利益(税引き後純利益やATCFとも呼びます)」となります。

(税務上、ローン返済の利息部分は経費になるため課税対象から外れますが、

元金部分は経費とならないため課税対象となります)

 

今後、私が取り組んでいる実例も踏まえ、様々な収支改善の方法も時折お伝えしていきます。

上記の図がイメージできると、どこのステージの話をしているのかが分かりやすくなると思います。

 

また、昨年はより具体的な内容を様々お伝えしておりましたが、

今年は時折社内のニュースもお届けできればと思います。

 

皆様が少しでもより良い賃貸経営を行っていけるよう努めてまいりますので、

これからも末永くお付き合いできればと思います。

何卒、よろしくお願い致します。

 

何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談下さい。

賃貸経営にお困りの大家さん、今すぐお電話を! 03-6410-3666

 

☆「空室」でお困りの方はこちら

☆「賃貸管理」にお悩みの方はこちら

 

□□□□□□ https://www.tokiwa-r.co.jp/□□□□□□

【不動産クリニック】

株式会社常盤不動産

東京都大田区池上3-39-12 常盤ビル4

TEL 03-6410-3666

FAX 03-6410-3631 

リーシング事業部 部長

三好 貴大

 【不動産クリニック】【不動産ドクター】は株式会社常盤不動産の登録商標です

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□