鈴木豪一郎のブログ|不動産クリニックの常盤不動産

  • 普通
  • 大きめ
交通アクセス 会社案内 03-6410-3630

営業時間9:00~18:00/定休日毎週水曜日,第1・3火曜日

ご相談・ご予約はこちら

ホーム > 鈴木豪一郎のブログ > 離婚するときに妻が家を借りる場合のテクニック

鈴木豪一郎のブログ

«  | 鈴木豪一郎のブログ |  »

離婚するときに妻が家を借りる場合のテクニック

“離婚”と“部屋探し”
離婚することになり、妻が家を出て賃貸住宅に入ろうとした場合、直面する問題があります。
それは『入居審査に通らない』ということです。

専業主婦やパート収入などで“安定的な収入が無い”場合には、気に入ったお部屋があっても
管理会社や大家さんから『あなたにはお貸しできません』と言われることがあるのです。

その場合の対策をいくつか・・・ 
①親御さんや御兄弟に契約者になってもらう
②親兄弟などの安定収入のある親族に契約者になってもらう(もちろん入居申し込み書の“居住者”欄には貴殿の名前を書く)
③(預貯金があれば)2年分の家賃を先払いしてしまう
④就職先が決まっていれば“就職内定通知書”や“予定年収証明”などを会社に作ってもらいそれを提出する
ポイントは、大家さんや管理会社から『家賃の取りはぐれはなさそうだな』と思わせることができれば、入居審査に通る可能性はグッと上がります。

不動産ドクター